新徒然草子

文学・歴史・フィギュアスケート等、広く語ります

光る君へ:14回目の感想



冷厳な藤原兼家を演じた段田安則さんもなかなか存在感のある俳優ですね。横山秀夫原作の「第三の時効シリーズ」では、公安から刑事に異動した班長役(こちらも冷厳なキャラ)で既に存在感を示していました。過去のこうした演技力が買われ今回の兼家役に選ばれたのかもしれませんね。


兼家嫡男の道隆ですが、関白になった途端、こんな独裁的な政治を行っていたのでしょうか?清少納言の「枕草子」では気さくで冗談も言う、どこか好々爺的な人柄として描かれています。もちろん、多少は美化されているのでしょう。今回のドラマでは、悪く言えば、「総領の甚六」のようなイメージすら感じていました。それゆえ、父が亡くなると突然変異したごとく独裁になるというのはどうなんでしょうね。地位が人を変える典型か。子は親を見習うってか。もっとも、支配者が政治の世界で見せる顔と家庭内で見せる顔とでは異なる例は良くある。

道隆が前例に無い皇后と中宮の並立を強引に進めようとするのを道長は反対していますが、後日、その道長だって同じことをしているんですよね。どうなってんだ?


藤原実資の二番目の妻は通説の婉子女王ですね。父は為平親王で、具平親王の兄です。で、またしても!先妻の遺言?でも耳にしたのか?「日記に書いたらどうですか」とのセリフが(^o^)

同じく、またしても!藤原道綱母が死の病の兼家に、「道綱、道綱を」と言っている。いくらなんでも、これはやり過ぎです。そもそも、道綱母と兼家はとっくに「離婚状態」であり、通説を無視しているんですけどね。どうせここまで道綱母を引っ張って出演させているのであれば、まひろ(紫式部)との出会いを演出したらどうでしょうね。ドラマ終了後のコーナーで、わざわざ「かげろう日記」を紹介しているのは何かの伏線か?と、私は自分に都合の良い方に想像する。

兼家次男の道兼が、「何故俺を関白にしないのか!」と父に噛みつき、その後、父の死にもかかわらず、飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎをしたことは、これまた例の「大鏡」に記述されていることですが、当てにはなりません。

道兼の妻(正妻でなかったとの説も)繁子が別れ話を持ち出し、家を出ていくようですが、当時の「婿取り婚」の慣習からすると、これって変ですよね? ただし、この頃から夫が妻を自分の実家に呼ぶ形も始まりつつあったとの説を何かで読んだ覚えもありますので、何とも言えませんが。それにしても繁子さんて、こんなに暗い女性だったの?道兼さんは踏んだり蹴ったりってところでしょうか。

私が首を長くして待っていた清少納言(ききょう)が再び登場しました。

夫と別れ、子も夫に預け、自分は女房として仕え、見聞を広めたいとの強い気持ちは「枕草子」からのセリフと分かるし、「あの汚い子は誰」との、階級意識丸出しのセリフも同様。それにしても、この二人がガールズトークをすること自体、ドラマでなければあり得ない。私は楽しんでいますよ(^o^)

言語明瞭にテキパキと話を進める清少納言と、考え考えしながら語る紫式部と、二人のキャラを明快に描き分けているのは良い。少し単純化してはいるけど。

ところで、このシーンで軍隊行進曲みたいな音楽が流れていたと思うけど、何これ?

まさか、清少納言が出る度にこの行進曲が流れるの?やめてよ、それは😡

今しばらくは清少納言は毎回のように登場するんでしょうね?彼女が出て来るだけでドラマの雰囲気がガラッと変わるように思うのですが、これは私のひいき目?

藤原詮子皇太后と定子中宮との間に、源倫子と源明子の間に、これから何やら妙な空気が漂い始めて行く気配が。片や、嫁と姑ですから上手く行くはずも無いのは分かりますし、片や、正妻と妻妾ですから、そりゃあ、張り合う気持ちにもなることでしょう。相手が流産でもすれば大喜び。この辺りは「かげろう日記」にウンザリするほど書かれています。

あくまで私の好みや主観に過ぎませんが、源明子役の女優さんは妙に存在感の無い女性に見えます。恐ろしいことを行っている割には。つまり、あまり魅力的じゃないってことです。




スポンサーサイト



このページのトップへ

私の好きな和歌:桜を詠む



私の好きな桜の和歌を一首


山もとの鳥のこゑごゑ明けそめて花もむらむら色ぞ見えゆく



作者:永福門院(1271-1342)。第92代伏見天皇の皇后、西園寺鏱子


夜が明けて日が変わり、まだ景色もよく見えぬ中、ようやく山の麓から鳥の囀りが聞こえ、刻一刻と暁の空が少しづつ白み、薄明りの中に、ほの白い桜の一叢があそこ、ここと、姿を現し始める。

この和歌の面白さは、時間の経過と共に、まず聴覚に訴え、次に視覚に訴えて行くところです。

現代語に訳すと、どうってことも無い平明な歌にしか思えませんが、古語がもたらす柔らかな調べには得も言われぬ抒情を感じます。

古今和歌集や新古今和歌集のように、恋愛の後朝を思わせるものは一切無く、あくまで春の情景だけを潔く歌っている点が実に快い。


現代人には…少なくとも都会人には…夜明けに桜を見る習慣は無い。

それゆえ、永福門院が羨ましくもある。

桜の見える山里の旅館に泊まれば、あるいは、同じ体験は可能かもしれませんが。。。


今年も多摩川台公園近くの土手に咲く巨木桜を見に行くつもりですが、天候がネ。。。





このページのトップへ

光る君へ:13回目の感想


急に4年分時間が飛んで990年か。
ドラマの設定ですと、紫式部(まひろ)は二十歳くらいですね。
父の為時が越前守として赴任するまでまだ6年ほど時間があります。この間、紫式部がどんな生活をしていたかの具体的な資料は無いようですが、ドラマではどう展開するんでしょうね。

あ、やはり、彼女は上級貴族の邸に仕えようとしていますね。これも予想通り、源倫子さんからの「私のとこで働く?」との誘いは断りました。

どこの貴族の邸に仕えるのかな?具平親王?いっそのこと、実資?どこだろう?


藤原兼家の老人ボケは、ひょっとして例の仮病?息子達や上級貴族達の反応を確かめようと。だって、道長には「民におもねるなよ」とか、「家を守ることが私の政だ」とか、マトモ?なことを語り、道長もビックリしていましたよね。ただ、兼家も命の限りを見極めたくなる程に「老い」を感じているんですね。

紫式部が道長に贈った陶淵明の漢詩を源倫子さんが見つけ、「どう見ても女の人の字なのよね」と紫式部本人の前で訝し気に語る。この倫子さんもちょっと怖いけど、同じく源明子さんは更に怖いですね。兼家に対する源氏の恨みか。視聴者に「源氏物語」を意識させようとの演出もあるのかな。しかし、兼家は明子の企みを見抜いていると私は感じたのですが、どうでしょうね。

皇太后の藤原詮子さんも怖いね。定子に注ぐ眼差しに不気味な光が。

えッ!あの女優さんが定子中宮の役ですか。。う~ん。。。(;'∀')。

●紫式部が字の読めない庶民に「仮名」を教えようとか、ましてや、道長が「遠方からわざわざ来た民の訴えは審議すべきだ」とか、こんなこと、あり得ないでしょう。こういう嘘っぽい演出って、私は嫌いです。それこそ、「視聴者におもねるなよ」と、兼家よろしく言いたくなります。

その点は清少納言が「枕草子」の中で、当時の農民や庶民に対する貴族としての階級意識を露わにした内容を、何のためらいもなく書いていますよね。彼女のような下級貴族とて、彼等とは生きる世界の異なる人間だったのです。

そのくせ、「民たちの訴えがあり、尾張の国司が変わった」(988年)と、こういう所はしっかり史実に基づいています。また、宣孝が派手な山吹の衣を着て御嶽精進に行ったことは「枕草子」の「あはれなるもの」段に書かれており、その帰るさに山吹衣で紫式部の家に寄ったり、源倫子が「私が婿を取って」と当時の結婚の慣習に基づく言い方をしたりとか、こういう点はいやに細かく史実に即しており感心するわ。

一応、資料で確かめられている所はあからさまに曲げることはしない、との方針なんでしょうか。

それにしても、紫式部と道長は色々な場所で出会うなあ。

定子も彰子も登場し、定子の兄の伊周の自信家ぶりも示され、徐々に主要人物が増えていきますね。これは先が楽しみになります。

問題は、紫式部のこれからの6年間をどう描くのかにあります。

貴族邸での仕えとは別に、まさか、寺子屋よろしく、庶民の子供達に仮名を教えるの?



このページのトップへ

2024年世界フィギュア・感想



世界フィギュアスケート選手権・結果
http://www.isuresults.com/results/season2324/wc2024/index.htm

各選手の演技
https://www.youtube.com/results?search_query=2024+world+figure+skating+championships&sp=mAEB


●三浦・木原ペア
2位銀メダル、おめでとうございます。
素晴らしかったです。二人とも故障や怪我で万全とは言えなかった状態でこの演技!日本のペアが昨年1位金メダル、今年2位銀メダルを取ったことは特筆すべきことです。強豪のロシアは参加不可で、同じく強豪の中国は世代交代期なのか低迷期に入ったのか、強いペアが不在で、そうした特別な事情があったにせよ、同じく強豪のアメリカやカナダを相手にこれだけの業績を出したのですから、素晴らしいことですね。同じように、アイスダンスの方も必ず世界のトップクラスのカップルが出て来るものと期待します。

●坂本花織選手
3連覇の金字塔。おめでとうございます。
もう何も言えません。ジャンプの大きさ、ずば抜けたスケーティング力、毎年のように進歩を示す音楽表現。そして大舞台でのプレッシャーの中での安定感と勝負強さ。辛口のロシアメディアでさえ、坂本選手の偉業を賞賛したほどです。あんなにムチムチっとした身体つき(失礼!)でありながら、よくぞあんなに大きなジャンプを跳び、最後までスピード感ある滑りが出来るものだと驚くばかり。少なからぬ女子選手が身体が大きくなるとジャンプに苦労するようになるのに、彼女がどのようにしてそれを克服したのか知りたくなります。

●世界選手権初参加で7位の千葉百音選手、8位の吉田陽菜選手も健闘したと思います。
二人にはそれぞれ潜在能力があり期待大です。ただ、まだ、どこか「ひ弱さ」みたいなものを覚えます。今回の貴重な経験を糧に、悔しさをバネに、更なる飛躍を期待します。

●2位銀メダルのイザボー・レヴィト選手(アメリカ)
アメリカ選手らしいある種の勝負強さみたいなものを発揮したのでしょう。笑顔が実に素敵な選手。ただ、彼女の演技スタイルやジャンプの質は私の好みじゃないけど(^-^;

●韓国女子選手たちの台頭が著しい。
坂本選手の3連覇のお陰で目立ちませんが、韓国の女子スケーターの力が年々増し、日本女子をも上回る勢いを感じます。ウカウカしていると抜かされそう。昨年の世界フィギュアで2位銀メダルだったイ・へイン選手は故障があったとかで万全とは言えなかったにせよ、ショートプログラムでは力を発揮しました。ただし、彼女も公表では身長が164㎝に伸びたようで、それもジャンプのミスにつながったのかもしれません。

なお、今回の韓国女子3選手に共通しているのは、音楽表現の方がイマイチという点です。そこはやはり、千葉選手の方が上手いと思います。

●逆に、カナダ女子・男子シングルの衰退が著しい。
カップル競技では変わらぬ強さを誇るカナダですが、シングルの方はどうもイケナイ。フィギュアスケート人気がそれほどでも無いという事情もあるのでしょうか。

●男子シングルは予想通り、イリア・マリニン選手の圧勝でしたね。
彼の4回転ジャンプの安定度は北京五輪の頃のネイサン・チェン選手を上回っている感じ。ミスする気配すら無い。しかもマリニン選手には4回転アクセルがある!なんせ、5種類の4回転ジャンプで計6回本跳ぶんですから誰も敵いませんわ。これから当分、マリニン選手の時代となりそうですね。もちろん、演技全体のクオリティも年々アップしていますし、決して、ただ滑って跳ぶだけのスケーターではありません。

●鍵山優真選手2位銀メダル、おめでとうございます。
演技のクオリティという点でほとんど文句の無い、ほぼ完成されたスケーターと思います。優勝するには相手が悪すぎた、としか言いようがありません。さりながら、4回転ジャンプを現状3本から4本以上に増やすことは必須でしょうね。さもないと、フランスのアダム・シャオ・イム・ファ選手にも抜かされてしまうかもしれません。

●アダム・シャオ・イム・ファ選手。
最近になって著しい進化を示すこの選手を知りましたが、何ともダイナミックな演技をしますね。なるほど、身体能力が高いとの評判も分かります。

ルール違反のバク宙を行ったとて賛否両論沸騰したようです。ルール違反の理由は、①危険だから、②フィギュアスケートの在り方とは根本的に異なる次元の演技だから、くらいでしょうか?バク宙は着氷時に氷を著しく削り、後の選手に悪影響を与えるから、との説もありますが、それならスピンの方がよほど氷を削ると思います。

しかし、アダム選手はコレオシークエンスで側宙を行っていますが、これはルール違反ではありません。側宙はオッケーでバク宙はダメというのはどうなんでしょう?側宙だってフィギュアスケートの在り方と異なる次元の技に見えますけどね。

危険だからという点については、4回転ジャンプを何本も跳ぶ時代にあってはどうなのでしょう?4回転ジャンプだって相当に危険と思いますよ。

私が思うに、バク宙がダメな理由の一つは、フィギュアスケートにおいてジャンプ技は全て、片足で着氷するものです。つまり、バク宙は両足着氷するものですから、これ自体がフィギュアスケートの在り方と根本的に異なる技と言えないでしょうか?

側宙は片足着氷で行っていますね。

待て待て。。。ステップシークエンス等で時々、バレエジャンプを行うことがありますね。バレエジャンプは両足着氷でしたっけね?すると。。。。

う~ん。分からなくなって来た(^-^;

ただ一つ言えることがある。あくまで私の主観です。
フィギュアスケーターによる氷上のバク宙は綺麗では全くありません。フィギュアスケートにおける美の価値観とは全く異なるジャンプです。つまり、評価に値しない。

その点、側宙は片足着氷ですから上手に着氷すればスムーズに次の技に繋げるので、意義がありそう。

バレエジャンプはバレエ技の応用で美しく見せることも可能。



このページのトップへ

光る君へ:11回~12回目の感想



体調を崩したのに無理して仕事しちゃった為、ダウン。2回分をまとめて書きます。
フィギュアスケート世界選手権の方も書かなくては💦

出ましたね!
一条天皇即位で彼の衣の背に北斗七星が!以前に聖徳太子のドラマを見た時、聖徳太子が蘇我馬子を刺すシーンでの刀が七星剣だったことを思い出します。

正直、七星とか七曜とか北極星とか北斗七星とか、その区別も正しく分からないし、中国伝来の観念らしいが…それが天皇・皇族とどんな関わりがあったのかも良く分かりません。分からないで面白がる私もよく分からん!


紫式部(まひろ)に対する乱暴な表現が…酷過ぎ。
①紫式部と会った直後に藤原兼家は、「虫けらが迷い込んだ」
②紫式部を妻の候補にと薦められた藤原実資は、「鼻くそのような女」

散々ですネ。

あの兼家ならば①はあり得そうだけど、実資の②はどうなんでしょうね?彼の残した膨大な「小右記」にそんな件があったのでしょうか。今回のドラマ、時代考証を無視しまくりですが、変なところはやたら「通説」に忠実だったりしますのでね。あの「生首」のシーンだって、「大鏡」の道長伝の直後にある「昔物語」にちゃ~んと記されているんですから。もちろん、「通説」かもしれないけど、「史実」かどうかは分かりません。「大鏡」にも創作や間違いが少なくないそうですから。


源倫子さん、やはり、ただのお嬢様ではありませんでした。私の睨んだ通りだ。兼家に直接会いたいとする紫式部に対し、「おやめなさい!」と、ビシッ!と決めました。で、今度は熱愛する道長を押し倒す肉食女的アタック。やっぱり、この人、怖いわ(*_*)。目が笑っていないもの。


紫式部が道長に対し、「私は北の方でなければ嫌だ」はダメでしょう。むちゃぶりの極致。これでは道長が「では、どうしろというのだ!!」と怒るのも無理もありません。もっとも、これはシナリオそのものからして「むちゃぶり」な演出なんですけどもね。

紫式部と友人になった、さわ、という女性。例のわびしい家で病死した女性の娘で、これがキッカケで紫式部と知り合うという展開は悪くないアイデアですね。わびしい家で病死した女。最期まで看取った為時。死の直前に娘と会えた。こうしたシーンは心が揺さぶられますね。たまりません。歳を取るとなおのこと。

で、この、さわという女性は紫式部の友人の一人になるんですね。「紫式部集」では、紫式部と何人もの友人とのやり取りが歌われています。


貴族の娘はほどんど家に居てめったに外出しなかったのでしょうか?そうだとすると何人もの友人と如何にして知り合ったのか不可解です。特に、下級貴族の娘は、童女として、娘として、幾つかの上級貴族邸にお邪魔して、女の嗜みを学んだり、そこで多くの知人・友人を得たりしたのではないでしょうか。「源倫子のサークル」がそうであるように。

当時、こうした上級貴族邸での「文化サークル活動」が活発だったとか。紫式部がライバル視していた、大斎院選子のサークルも有名だったそうです。ちなみに、大斎院と具平親王とは兄妹か姉弟でした。


村上天皇の第七皇子である具平親王と為時と兄の為頼は交流があったことは史実らしい。また、私の記憶が確かであれば、ですが、「紫式部日記」にも、道長から紫式部に対し、具平親王の娘について「お前は親王の知り合いだろう」とか言われているシーンがあるのです。で、具平親王は藤原公任に劣らぬ博識と多才の持ち主だったらしい。具平邸に、いや、具平サークルに、若き紫式部がお邪魔し、色々と学んだとしても不思議ではありません。

また、紫式部とは7~10才くらい年上であったらしい具平親王との間に恋愛感情が起きても不思議ではないでしょう。道長との恋バナも飽きて来た頃だし、次はネ。しかも、道長が倫子と結婚となれば、紫式部はこれまでのように倫子さんのサークルには行けないでしょう。いくらなんでもね。

で、具平親王役には、例えば、福士蒼汰さんのようなイケメンはどうでしょう。だめかなあ。。。

ところで、最近、清少納言はさっぱり登場しませんね。いつ再び登場するのか。

「かげろう日記」の藤原道綱の母ですが、つまらない役回りですね。「道綱を忘れずに」を繰り返す、「親バカ」だけじゃないの。どうせ時代考証無視なんだから、紫式部と会わせなさいよ。




このページのトップへ